つつじが丘ハイツ北住宅における
防犯防災への取り組み

 管理組合では、さまざまな防犯や防災への取り組みを進めてきました。管理組合は共用部についての改良が中心です。お住まいの皆さんが、それぞれの住居内(専有部)について考え、充実していただくことによって、安全性はより強固なものとなります。
 しかし、建物や設備の改善だけでは限界があり、結局は住んでいる私たち一人ひとりの防犯や防災への関心と意識向上がもっとも大切なのではないでしょうか。

 人にやさしい、安全なまちづくりに向かって、皆さんからのご提案やご協力をお願いします。

 主として、1998年ころからの取り組み事例を紹介します。

ピロティ周辺に防犯カメラを設置
2005年

1階ピロティのエレベータ前と郵便受け周辺を常時撮影する防犯カメラを設置し、運用を開始しました。
昭和飛行機滑ヌ理地周辺の改善
2004年

過去、数年にわたって昭和飛行機に要望してきました、昭和飛行機管理地周辺(団地西側)のトタン塀の改良について、ようやくメッシュ型に改修していただきました。
これによって、昭島駅との主要通路周辺環境が整備され、より安心して通行ができるようになりました。

モニター付きドアホンに交換
2004年


不審者の訪問による被害を予防するために、全戸のドアホンをカラーモニター付きに一斉交換しました。訪問者への対応は、モニター画面を確認したうえでドアを開けるようにしましよう。



C,D駐車場の見通し改良
2004年

C,D駐車場の路面再舗装に合わせて、C,D間と、市道との間の生垣植栽を低木にして、周辺からの見通しを良くしました。これによって、不審な行動者の早期発見やいたずらや犯罪の抑止効果を高めることができます。
屋外灯ランプの一斉定期交換
2003年から

従来は、切れた時に交換していた街路灯のランプ交換を、定期交換方式に変更し、一定の明るさを常に維持するようにしました。
同時に、交換時にはランプフードを清掃し、照明効果を高めるようにしています。

防災倉庫を増設
2003年

従来16号棟北の1ヶ所であった防災倉庫を、19号棟、20号棟、23号、25号棟周辺にも増設しました。これにともない、防災対策機材や備蓄食料などを分散配置し、非常時の利便性を高めました。

毎年実施している「防災訓練」に前後して、段階的に備蓄機材の充実を図っています。

非常時の利用に当たっては、防災対策本部の指示、または理事や号棟会長と連携のうえ活用してください。

屋外灯の増設
2003年2月

自転車・バイクの駐輪場やごみハウス周辺を明るくして、使いやすくするとともに盗難やいたずらを防止するために、照明を増設しました。

また、大きくなった樹木の影響で明かりが届かなくなった屋外灯を移設し、より安心して通行できるようにしました。
C,D駐車場出入り口の見通し改良
2003年

ジャスコ開店にともない、団地北側歩道の歩行者や自転車の通行が増大してきたため、安全に市道に出られるよう出入り口の見通しをよくしました。
「消防計画」を改訂
2002年11月

つつじが丘ハイツ北住宅の実情にあわせた「消防計画」に全面的な改訂をおこない、全戸に配布しました。
夜間防災訓練の実施
2002年11月

災害はいつ何時発生するかわからないため、防災訓練としては珍しい夜間訓練を実施しました。
北小には夜間照明設備があるためスムーズな訓練でしたが、「あかり」の大切さを再認識しました。


救急救命講習会
2000年ころから

毎年、昭島市消防署の協力を得て、理事会、評議、防災、自治委員、自治会の皆さんに「普通救命講習会」に参加をしていただき、救命への基本的な知識と技能を身につけていただいています。
延べ200名以上の参加者になりました。
玄関ドアシリンダー錠の交換斡旋
2000年

都心部でのピッキング犯罪が急増してきたことを受け、よりピッキングに強い錠に交換することを推奨するとともに、交換希望者には市価より安く交換できるよう業者と交渉のうえ注文の場を設定し、多くの方に利用していただきました。
おかげさまで、当団地では空き巣犯罪はほとんど発生していません。


同時に

ワンドア・ツーロック工事を承認

さらに防犯性能を高めたい方に対して、模様替え申請を出していただければ、玄関ドアへの補助錠の追加が可能となるように、理事会で決議しました。
自転車・バイクの登録制
1999年

持ち主を明確にするとともに、不要車両や、不審車両を整理し、ピロティ通路の安全確保も狙いとして、自転車とバイクの登録制度を開始しました。

エレベーターに防犯カメラを設置
1999年

エレベーター内での犯罪やいたずらを防止するために、すべてのエレベーターに防犯カメラを設置しました。

あわせて、収録した映像の適切な運用を図るため、「防犯カメラ録画テープの運用内規」を定め、プライバシーの確保に十分な配慮をしています。

こども110番「ピーポくんの家
1998年

管理事務所を、こども110番「ピーポくんの家」にしました。
子どもたちには普段から話しておきましょう。

@不審者に出会った時には、すぐに110番通報をする。
A大声を出して、近くの人の助けを求める。
B
「ピーポくんの家」に助けを求める。



団地周辺の安全整備
1998年

昭島市にお願いして、団地周辺の市管理施設の改良を進めていただきました。
・西側市道に街路灯13基を設置
・ごみ集積所に消火器5台を設置
・団地東側歩道への違法駐車防止ポールの設置
・その他




防災訓練の充実
1998年11月〜

毎年実施している防災訓練の内容を充実し、より多くの居住者の方々に参加していただき防災意識を高めることを目指して訓練内容や方法の改善を進めています。
主な事例
 ・マンションでは初の防災ヘリコプターによる救出訓練
 ・はしご車による高層階からの救出訓練
 ・起震車による地震体験
 ・組合備蓄の防災機材の展示紹介
 ・つ北小の昭島市防災倉庫備品の見学
 ・非常食の試食会
 ・その他

防災・防犯パトロールを実施中

学校の夏休み期間や年末の夜間パトロールを実施しています。
パトロールは管理組合の理事会、評議会、防災委員会、自治委員会の皆さんと、自治会やウイズユースの皆さんの協力を得て、週末の夜間に分担して行っています。パトロールを始めてから、もう15年以上になります。