発足と設立経緯


 当クラブは、平成12年6月、16号棟第一集会所にて70人(入会申込者154人)の参加を
得て設立総会を開催、クラブの名称を「つつじが丘北シニアクラブ」と決定すると共に、役員、
各棟の連絡員の選出、「規約」「方針」などを話し合い、正式に設立されました。

 つつじが丘地域には、会員75人(うち北住民20人)を擁する「つつじが丘熟年会」と称する
老人会が存在し、活動していましたが、役員の老齢化などにより、平成12年3月末には解散
せざるを得ない状況にありました。

  そこで、5月14日、当時の管理組合、自治会、旧熟年会の有志を中心に北住宅地区に
シニアクブ (老人会とは称さない)設立準備会を立ち上げ、会の名称、会員募集方法、設立
総会日時などを打ち合わせし、皆で協力して設立準備に入ることを申し合わせました。

  5月16日、第25号「アゼリア自治会報」にて、シニアクラブ設立準備中の旨の広報配布。
  5月31日、第26号「アゼリア自治会報」にて設立開催通知とあわせ、6月7日までに入会
申し込みをされるよう案内。
  6月11日 設立総会開催。

  以上が熟年会解散からつつじが丘シニアクラブ設立に至る経緯です。